私が彼女と出会い系で知り合ったのは23歳の頃でした。

結婚して5年目、妻とのSEXは時間が合えば毎晩してそれなりに激しいSEXをしていました。

妻は満足してアヘ顔で熟睡していましたが、私的にはもっと変態チックなプレイがしたかったのもあってちょっと不満気味。

そこで、いつもの出会い系、ハッピーメールで変態チックで普通よりは美人で即ハメ出来る女性を探していました。

そしていつものごとく仕事の休憩時間になるとタバコとコーヒー片手にスマホで出会い系サイトの女性を検索していました。

するとプロフ写メの片手にローターを持ってプリを撮っている乃木坂の松村沙友理にそっくりの女性を発見しました。

早速「初めまして!さゆりんごそっくりだね!ローター好きなん?オレもそういうプレイ大好きだからよかったら今日の仕事終わりで会って試してみない?写メ見てエッチしてもいいと思ったらLINEして。待ってるね」とどストレートに送りました。

変態と思って無視られたらそれはそれでいいと思って送ったので、返事が来ないと思ってまた仕事に戻りました。

そして3時間後、LINEの着信が鳴ったので開くと「返事遅くなっちゃった!ウチは今ようやく休憩時間だよ。最近良く乃木坂人気になってから言われるんだけど…ウチ的には微妙かな!写メ見たけどなかなかのエロメンだし満足させてくれそうだから会ってもいいよ!じゃあ18時に私のアパートに来て。後で住所と部屋番号送るから!待ってるね。またね」

ときて住所と部屋番号も添付されてました。

久々のバイブプレイで美人とハメれると思うとがぜん仕事にも身が入って残業もしたく無かったのでハイペースで仕事を片付けました。

そして何とか17時半には愛車で事務所を出て、彼女から送ってもらった住所をスマホに打ち込んでスマホナビで18時ちょっと過ぎにようやく彼女のアパートの前に着きました。

早速「おつかれ。今アパートの前着いたよ!クルマどこ止めればいいかわかんないから出て来て」と送ると彼女がスリッポンを履いて部屋から歩いて出てきました。

そして「これインパラじゃん。めちゃカッコいいんだけど!でもやっぱデカいね。ここだと路駐もこの大きさだと出来ないから近くにチェーン張らない市の体育館の駐車場あるからそこ止めよ!」と言って彼女が右側のドアを開けて乗ってきました。

距離にして500Mくらいだったのでほんのちょっとのドライブでしたが彼女はオッパイが揺れて乳首が透けてる事も忘れて感激していました。

サービスで走りながら一気に全上げして前を軽く何回かホッピングさせると「マジでヤバいんだけど!でも面白い」と言って私を見て初めて素のスマイルで笑ってくれました。

駐車場に着いたので今度は地面に着地させてから止めて先に下りて彼女の側のドアを開けて手をとって下ろしてあげました。

彼女は「こんな着地して壊れないの?」と聞いてきたので「また走る時にあげれば良いだけだから!スイッチで簡単にさっきの高さからここまで下がるから!安心して」と言うと

「やっぱり個性のある人って変わったクルマ乗ってるよね。でも好き」と言うと彼女が私を見る目は恋に落ちた目になっていました。

彼女が腕に手を回してきたのでノーブラのオッパイが腕に当たりながらまた彼女のアパートまで歩いて彼女の独身1Kの部屋にお邪魔しました。

ルックスは上がノーブラに白のプリントTシャツに下は高校時代のハーフパンツジャージで完全な部屋着でした。

167センチの43キロのDカップなのでスタイルは完璧でした。ノーブラで乳首が透けているのもポイントです。

またピアスが両耳で6箇所に鼻ピと口ピと舌ピアスのフルセットでした。髪は腰ぐらいの長さに前髪ありのカラーはかなり明るいブルネットに近いブラウンで肩くらいからかなりキツめのウエーブがかかっていました。

顔は実際に会ってみるとさゆりんごよりももっと顔が小さくて目とかもキレイな感じだったので、本人がさゆりんごに似てると言われて気分が悪くなるのが分かりました。

そして部屋を見渡すといかにも若い女子の1人暮らしって感じのところどころにぬいぐるみもあったりしてとてもローター愛用者には見えないお部屋でした。

部屋も私が来るので片付けたみたいでキレイでしたしテーブルには彼女が作ったと思われる親子丼と味噌汁とサラダやお菓子やビールもありました。

彼女に「この料理全部自分で作ったん?」と聞くと「だって仕事終わりで来るって言ったからお腹空いたかなと思ったから…頑張って作って見たんだ。食べて」と言われたので彼女と並んで座っていただきますをして食べてみました。

彼女がじっと見つめてリアクションを待っていたので「ウチのカミさんよか上手いし美味しいよ」と言うと「エヘっ」っと言ってまたスマイルになりました。

今回は親子丼が好きな事もあってマジで美味かったです。あまりの美味しさに喋る事を忘れて5分くらいで全て完食してしまいました。

すると彼女が「職人さんってみんな食べるの早いよね~。なんで?」と聞かれたので

「だって早く食べたら残りの時間スマホいじったりクルマの事考えれるでしょ。仕事の段取りも考えないといけないし」と言うと

「やっぱり1人で仕事するって大変なんだね。その点、私は基本ただレジ打ちだけしてればいいから楽かもね」と仕事の話などもしました。

そこからはビールで乾杯して色んな話をまたし始めました。ふと時計を見るともう22時過ぎていました。

ようやくお腹も落ち着いてきたので早速「じゃあ〇〇のバイブコレクション見せてよ」と言うと彼女が私の手を引っ張ってベット脇にあるピンクの可愛い引き出しをゆっくりと開けました。

するとイボ付き極太バイブやリモコンローターやアナルプラグまでパッと見ただけでも20個くらいありました。

あまりの多さに「なんでこんなに持ってるん?」と聞くと

「実は~オナるのにハマっちゃって~気が付いたらこんなに増えてたんだ!でもやっぱこれだけあるとさすがに引いちゃう?」と聞かれたので

「オレは逆に萌えるけど!だってどんな完璧な人間だってみんなオナってハメてるんだよ。正直で良いじゃん。じゃあ今日はどれで攻めて欲しいん?選んで」

と言うとイボ付きの回転紫極太バイブにピンクの小さいリモコンローターに黒のアナルプラグをチョイスしてそれをベットの上に照れくさそうに置きました。

そこで火がついた私は彼女をベットに座らせてTシャツから脱がせて黒のエロパンも脱がせて全裸にしてから今度は自分も服を脱いでフルチンになりました。

オッパイはノーブラだったのでTシャツを脱がすと真っ黒なやや大きめの乳首と乳輪が現れ両乳首にもピアスがありへそピも付いていました。

マンコも普段からバイブオナしてるのもあって当然ドス黒でビラも半端ないでした。割れ目の上辺りにもマンコピアスでした。

アナルもオナって掘られたのもあってかドス黒でアナル周りも擦れて真っ黒でした。

そして彼女は恥ずかしそうに私のチンコをみると「バイブと変わんないくらいデカいんだけど」と言ってキスをする前に私を床に立たせて、

自ら私のチンコにしゃぶりついて片手で玉揉みの手コキでひねりを加えながらディープフェラで休む事なく激しく攻められました。

20分もされるとイキそうになったので「イキそう」と言うと彼女は今度は玉舐めしながらチンコを真上に上げて片手で手コキしながらもう片手で裏スジを唾をかけて擦りながら自分の胸と顔にかけて満足してました。

そしてまたチンコを舐めてキレイにして私の精子も指ですくって舐めてくれました。

今度は彼女をベットに座らせて背中を壁によりかけてM字開脚させて最初は軽く唾をマンコに垂らしてクンニでマンコとアナルとクリを舐め回してから、

彼女に両手でビラを開かせてからゆっくり極太バイブでマンコを出し入れして彼女の喘ぎがいい感じになってバイブにクリームが付いてきたので今度はアナルにクリームが付いたバイブをゆっくり挿れてから、

また激しくピストンさせながら片手でクリと乳首を交互にイジると彼女が「イッイク」と大きく喘いだので更にクリとアナルを責めると私の腕と手にいっぱい潮吹きしました。彼女が「イッちゃった」と言って私の目をアヘ顔で見て満足げな表情で笑いました。

そして今度はうつ伏せでケツを突き出させて中腰バックでマンコとアナルを交互に突きまくり20分くらい振りまくると彼女がまた

「イク」っと言ってマンコをピクピクさせてマンコでイカせてから私がベットに座って壁に寄りかかって彼女を立たせてケツを突き出させ股開きさせて、

アナルプラグをアナルに挿れて彼女自ら背面立ち屈みで今度は彼女が激しく上下にピストンして私は片手にリモコンローターMAXにしてクリに当てて、

もう片手は胸を揉んだり首を掴んだりして20分くらい振ってもらうとイキそうになったので今度はアナルプラグを抜いてその体勢のままアナルにチンコをぶち込んで、

彼女のお尻を両手で支えて彼女に股を全閉じさせてキツキツにしてから激しくピストンさせて彼女がまたマンコから潮吹きしたのと同時にアナル中出ししました。

SEXが終わると彼女はそのまま腰と尻をピクピクさせながらベットで果てていたので私が彼女の顔やマンコやアナルをキレイに拭いてあげて布団をめくってヨシヨシして寝かせてあげました。

時計をみるともう午前2時過ぎていたのでチンコを拭いて服を来てクルマを止めた場所まで歩いてクルマに乗って自宅に帰りました。久々の大量おもちゃを使ったプレイだったので変態の私としては最高のSEXでした。

彼女もオナ美女だったので最高でした。

オナ美人とヤレた出会い系は無料で登録できるハッピーメール!!