私が彼女と出会い系で知り合ったのは28歳の頃でした。

結婚して10年目、妻とのSEXは週1ペースであれば良いくらいで、あっても愛撫も何も無いただ挿入してひたすらピストンして自分でシゴいてお腹に出すという男としてはとても悲しいSEXライフを送っていました。

子供も大きくなってきたので女遊びはもう止めなければと心の中では解っているのですが…やはりまだ20代という事もあってかなかなか体の欲求不満は抑えきれませんでした。

そうなると美女が多くて即ハメ成功率が高い、いつも利用している出会い系のハッピーメールを頼るしかありませんでした。

自宅で検索する訳にも行かないので仕事の休憩時間を使っては検索しまくっていました。そうすると綾瀬はるかそっくりの美女を発見しました。

ハードルは高いと思いましたが「初めまして!28歳妻子ありの職人やってるよ。綾瀬はるかそっくりだね!今日の仕事終わりで会って欲しいな!写メ見て気になったらLINEして。待ってるね」と送りました。

すると数分後「綾瀬はるかなんて~めちゃ嬉しいんだけど。ちょうど私も今週は日勤だから…じゃあ今日の21時に会社近くのデイリーヤマザキの駐車場に迎え来て。待ってるね」ときました。

来ないと思って送ったのでウキウキになって仕事をして残業もして20時過ぎには愛車で事務所を出て待ち合わせ場所のヤマザキのコンビニに21時ちょっと前に着きました。

早速「今着いたよ!黒のベンツだから乗ってきて」と送るとコンビニから上下作業服女性がこちらに歩いてきて右側のドアから乗ってきました。

ルックスは165センチの45キロのEカップでした。作業服の上からでも胸がパンと張っていました。

髪は明るいオレンジに近いブラウンのカラーブリーチに肩くらいの前髪ありの長さにかなりキツいウェーブをかけてウェットムースで整えていました。

顔は綾瀬はるかなのでキレイなんだけどかわいいって感じの女性でした。

クルマに乗ってきた彼女は「このクルマってベンツなの?初めて見たんだけど…なんかオシャレだね。〇〇も実物もイケてるし。来て良かった」と言って私を見つめてニコっとスマイルしてくれました。

私も「まさかこんなに綾瀬はるかそっくりの人に会えると思って無かったし。しかも爆乳だからオッパイフェチのオレにはたまらないよね」と言うと「もうエロいんだから!でも私もエロいから良いけどね」と言ってくれました。

これはイケると思ったので「じゃあ〇〇のお家行って良い?」と聞くと

「いいけど…私、実は地元がこっちじゃないんだ!だから今住んでるアパートも会社で借り上げしてるアパートだからそんなキレイじゃないよ!それでも良かったら…」と言ってきたので

「全然OKだよ!じゃ行こ」と言って彼女の案内で彼女のアパートの前の道路に路駐して彼女の後をついて行って2階の角部屋の彼女の部屋に入りました。

さすが派遣で借りているアパートだけあってロフトは付いていましたが築年数は結構古くて家財品も備え付けしか無い事もあってか26歳の女子の部屋には見えませんでした。

そんな何も無い部屋でとりあえず彼女はテレビを付けると「着替えてくるからTV見てて」と行ってシャワールームに入って行きました。

数分すると上下グレーのスウェットに着替えて来ました。

手にはビールを持っていました。そして私の横に並んで座って「乾杯」と言って彼女とビールを飲みながら彼女の身の上話やなんでわざわざ派遣で他県から住み込みで来ているのかも聞きました。

結構悲惨な話だったので可愛いそうになって思わず彼女をギュッと抱きしめました。爆乳が自分の胸に当たって思わず半立ちしてしまいました。

すると「抱いて」と彼女が言って来て唇に舌を絡ませてきました。

こうなると一気に彼女のスウェットを上から脱がせて淡いブルーのレースブラを外しました。さすがEカップなのでホックを外したらボロンと一気に弾けました。

やはりEカップになるとどうしても垂れてしまいますがそれはそれでありですしデカくて黒い乳首と乳輪がまたエロ心をくすぐりました。

思わず両手で掴んで寄せて大きな乳首が立つまで犬のように舌で舐め回しました。

すると彼女は「久しぶりだから気持ちいい」と言って喘ぎ始めました。

そのまま今度は彼女を立たせてズボンとブラとセットのパンツとちょっと臭いくつ下も脱がせてあげました。

マンコは毛が未処理でしたが柔らかくて本数も多く無く、マンコ自体は使いこんでいてビラもスゴくてアワビでしたしアナルも穴周りやお尻の割れ目の方まで黒ずんでいたのでかなりのアナル好きと見ましたがこれはこれでありだと思いました。

今度は私が立って彼女が作業服を上から順番にきちんと脱がせて、パンツと靴下も脱がせてくれてお互い立ったまま全裸で抱き合いながら激しくキスをして、

私は彼女のオッパイを揉みながらもう片手で彼女のビラマンコとアナルを指で2穴攻撃をして10分くらい立ったまんまでGスポ攻めすると、

彼女は私のチンコの手コキをやめて私の背中を両手で爪を立てながら掴み「イクッ」と小さな声で尻とアナルマンコをピクピクさせて私に寄りかかりました。

私も彼女の手コキで大きくなっていたので今度はロフトの階段に彼女に両手で掴ませて尻を突き出させて股を全開開いて、たまたまテーブルで発見したアナルプラグっぽいおもちゃを発見。

それを手に持って最初はアナルとマンコを舐め回してマンコクリームをアナルに挿れてアナルを慣らしてからアナルプラグを舐めてドロドロにして彼女の使い込んだアナルにゆっくり挿入。

お尻をスパンキングすると「早く挿れて」と彼女の催促がきたのでアナルプラグを挿れたままチンコをぶち込み立ちバックで30分くらいノンストップでピストン。

ロフトの階段を揺らしながら尻が真っ赤になるまでスパンキングもしながら、最後は彼女の髪を掴みながら今度はアナルプラグをマンコに挿入。

アナルにクリームチンコをぶち込んでまた10分くらい猛ピストンで彼女が「あっイクッ」と言ったのと同時に私も彼女のアナルでイッて中出ししました。

しばらく彼女の胸を揉みながらアナルにチンコを挿れてチンコが小さくなったら抜いてアナルプラグをマンコに挿れさせたままチンコをしゃぶらせてキレイにしてもらってティッシュで拭いてもらうと、

彼女も自分でアナルプラグを抜いてアナルとマンコをティッシュで拭いて私にキスをして「勝手に帰って良いよ。気持ち良かった。ありがと」と言いそのままロフトを上がって行って寝てしまいました。

私も服を着て彼女の部屋を後にしてクルマに乗って自宅に戻りました。

単独でのアナルプラグを使っての2穴挿入は私も初めてだったのでいい勉強にもなりました。日本人であそこまで尻を叩いて怒らなかったのは彼女が初めてでした。

それ以前にテーブルにアナルプラグがある女子部屋って…やっぱり世の中色んな美女がいます。

俺がアナルセックスを楽しんだ出会い系は無料で登録できるハッピーメール!!