和歌山市在住、40代サラリーマン。今から2年くらい前、福岡から和歌山に転勤した当時の話です。

転勤したては、同期や友人もいない状態で、飲みに行ったり遊びにいくにもいつも一人。

いい年してホームシックは大げさだけど、人恋しくなった私は出会い系サイトに登録することに。

出会い系がはじめてということもあって、なかなかうまく行かず、何人かの女性と連絡のやり取りまではできましたが、会うには至らずでした。

会社が終われば持て余すほど時間がある私は、諦めずにやり取りをしていると、A子という女性と知り合い、直接ラインやメールでやり取りができる仲に発展しました。

ラインやメールも頻繁にやり取りするようになり、A子の顔がどうしても気になってきました。

そこで、写メの交換を何度もお願いしたいのですが、A子は、「恥ずかしいから、可愛くないから」と取り合ってくれませんでした。

この状況って返って、妄想が膨らみますよね?とにかく会いたい気持ちが膨らんで行くのです。

もう写メはいいからと、私から猛アプローチを続けた結果、ようやく、私のマンションに来てくれることになりました。

当日、いい年した中年ですが、朝からドキドキだ止まらず、なんかこんな気持ち懐かしいなと思いながら、最寄り駅にA子を迎えに向かいに。

すると、そこにはなんとも言えない、微妙な子がいたのです。クラスの女性が20人いたとしたら良くて上から15番目というレベルの子です。

フォーリンラブのバービーの目が小さくなった感じで、更にぽっちゃりの割に胸も小さいという最悪なパターンです。年齢30歳の一人暮らしフリーターだということでした。

クラスの最下層です。正直ちんこが勃つか心配なレベル・・・

しかし、この日に備えて妄想を膨らましつつ、オナ禁までしていた私は、ギリでいけるでしょ!と、笑顔でA子に挨拶。

そして予約していた個室居酒屋に向かいました。

A子が可愛い子、いや普通のルックスだったらなんとも思わないことなのですが、A子は値段を気にせずちょっと高めのメニューをオーダーするのに、内心なかりイラつきましたが、そんな気持ちは抑えてとにかく話を盛り上げます。

はっきり言ってしまえば、人生でもかなりムダな時間と金を費やしてるな・・・なんて思いつつ、一時間程で切り上げて、自宅マンションに向かいます。

部屋に入ると、少しでも元は取らないと・・・ちょっとセコい思惑を持ちつつ、コンビニで買ったお茶を飲みつつ、A子の胸に軽くタッチ。

意外にも?このA子が可愛い声を出すので、服を着たまま俺の愚息をくわえさせると・・・

A子:「もうせっかちなんだからぁ」と俺をムカつかせる一言。

この一言は、私のSの血を目覚めさせました。A子にフェラさせながら・・・

俺:「会って間もない男のちんこの味はどうよ?」

とちょっと強気にいうと、A子は恥ずかしそうにうつむきます。

ルックスが普通ならかわいいと思えるのですが、A子のこの仕草は更に私をムカつかさせたので、おっぱいを服の上から乱暴に揉みながら・・

俺「今まで何人の男に胸揉まれたの?」

A子「五人」という回答。

ブサイクのくせに意外と多いなと思いつつ、フェラさせながら服を脱がせて下着の上から女性器を触ると既にびしょびしょでした。

俺:「何?もうこんなに濡れてるの?淫乱なの?」と意地悪を言いつつクリを触ると敏感に反応。

A子:「もうちょっと触ればイきそうと」

俺:「手でイカせて下さいと言え」と命令。

すると素直に返事したため、二度程そのやり取りを繰り返してクリイキさせました。

満足そうにベッドに横たわっているA子の足を広げ、今度は女性器に指を突っ込んみると・・・

生意気にも?敏感に反応するので、

俺:「指何本挿れて欲しいか言え」

恥ずかしそうに顔を赤らめ

A子:「二本」といいます。

なんか相変わらずムカつくなと思いつつも、二本の指で軽く擦ってやるとあっという間に絶頂しやがった。生意気にも?A子はかなりイキやすい体質みたい。

もう愛撫はしなくていいや、とA子の足を広げ、

俺:「挿れて欲しいなら自分でマンコを指で開け」と命令。

素直に指で広げたA子に、

俺:「おちんぽをあやのぐちょぐちょなおまんこに挿れて下さいと言え」と命令すると恥ずかしそうにその言葉を繰り返します。

もう面倒くさいやら、ブサイクだから生でいいだろうと今思えば怖い判断をして、ぶちこもうとすると、ちょっと萎えている愚息。

まぁ、顔がバービー似な上にスタイルも悪いので、致し方ないでしょと、愚息ををもう一度咥えさせてちゃんと勃たせます。

フェラさせてる間も自分でクリを弄るよう命令すると素直に従います。イったら挿れてやるというと指の動きが速くなりあっという間に昇天。

こちらの準備も整ったのでまた女性器をあやの指で広げさせて挿入。まぁ、可もなく不可もなくといった普通の女性器です。

A子:「おちんぽ気持ちいい、◯◯のおまんこ気持ちいい」とそういったことを言わせながら冷めた思いで胸に発射。

すぐにブサイクとしてしまった後悔が訪れましたが、オナ禁していたためちょっと休憩してまた一発してしまいました。

その後もどうしてもエッチしたいというときだけ、2~3ヶ月に一度のペースで同様にハメる仲となり、ハメた後は毎回後悔が訪れますが現在もその関係は続いています。

参考までに現在は考えを改め、ブサイクだからこそゴムを着けてやるべきだなとゴムを着けてハメるようになりました。

ブサイクだけ切れないセフレとヤレた出会い系はこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!

俺が現役美人ソープ嬢とヤレた出会い系はこれ!無料で登録できるPCMAXをチェック!!