岡山在住の30代自営業の男性です。

すっかり出会いサイトの魅力にハマった僕は、出会いの場を隣県にまで伸ばしていった。

次はどの子にしようかなぁと、サイト内を物色していると、これでもかと笑うちょっと元ヤンっぽい子が気になった。

早速、メッセージを飛ばしてみた。

まずは顔合わせ程度に

歳も近かったせいか、話しも合い早速ラインを交換。

お姉さんが岡山で仕事をしているため、来月辺りに遊びに来るんだとか。よし!これはそれまでに仲良くなって、是が非でも会わなければ。

しばらくは、何気ない会話と1日の報告だったり、仕事の相談に乗ってあげたりしていたら、彼女も安心してくれたのか、来月少しだけでも会いたいと言ってくれた。

彼女が岡山に来る日、僕は仕事だったのでその終わりに軽くご飯でも行くことになった。

彼女もお姉さんの家に帰らなきゃいけないからって、その日はほんとに顔合わせ程度になりそうだな。

仕事が早めに終わり、早速彼女にラインをとばすと、もう駅前らへんでウロウロしているらしい。しばらくして、僕も駅前に着くと向こうの方から手を振り近づいて来る女性がいる。彼女だ。

初めて会った彼女はかなりスレンダーな体型をしており、イメージ通りの屈託無い笑顔はかなり好印象だった。

この日は2時間ほど食事を楽しみ、もったいなかったがそのまま何もなく別れた。

体の相性抜群でセフレ関係

その後すぐに、彼女からまた会いたいとラインが来た。今度は僕の休みに合わせてもっと長く居たいと。

次の待ち合わせの日、僕たちはドライブデートや、映画、ディナーは気取らずイタリアンといった健全なデートをしました。

その後、彼女を家に招き入れ、テレビなんか見ながら恋人のように過ごしました。あらかじめ、今日は泊まりの予定で遊びに来ていた彼女は、夜もふけていくとソワソワしだす。

見た目は元ヤンっぽいけど、意外とこうゆう事には慣れてないらしい。

僕:「今日は楽しかったよ。ありがとう」

そっと彼女にキスをした。一気に彼女の顔が真っ赤になり、その姿を見るとたまらなく愛おしく思えてきました。

そっと抱き寄せ、さっきよりも長めのキスをして、彼女を抱きしめるとバクバクと彼女の心臓がなってるのがハッキリとわかり、今日は変態プレイは無しだなと。しっかり愛してあげよう。

僕:「緊張してる?」

彼女:「う、うん。あまり慣れてないから。」

僕:「大丈夫だよ、今こうやって抱き合ってるだけでほんと幸せ感じてるもん。会えて良かった。」

彼女:「そうだね。男の人って怖いイメージばかりだったから、こんなに優しく抱かれるのは初めてかも。」

僕はまた、彼女にキスをして服はゆっくりゆっくり、彼女が心配にならないように優しく脱がしていった。

うぅん。ほんと締まった身体だなぁ。胸なんかは全然大きくないけど、このくびれたウェストが堪らん。お尻なんかも30代と思えないくらい、キュッと上がってる。

僕は上から下まで優しく、あくまでソフトタッチで彼女の緊張をほぐすように丁寧に触れていった。はじめはガチガチだった彼女だが次第に、息を漏らしながら感じだした。

彼女:「う、、はぁあん。ふぅ、、。」

身体もそろそろあったまってきたのかな?僕は彼女のツンと立った小さい乳首をそっと口にほおばると、

彼女:「や!あっ、うぅん。」

ビクッと彼女の身体が跳ね上がった。もうめちゃめちゃ感じやすくなってるな。はやる気持ちを抑えながら、今度は彼女の下の口に手を伸ばす。

彼女:「ぷわぁ、、ん!だ、だめ!」

もうそこは、かなりの湿地帯だった。さてさて次はしっかりお口で愛撫してあげますか。

引き締まった身体の彼女のアソコは綺麗なピンク色をしていて、ほのかに甘い香りがする彼女の愛液。久々にこんな上質な愛液を味わっている。

僕もそろそろ興奮してきてしまっていた。彼女のポイントを口と指で優しく刺激してあげる。

彼女:「らめぇ、や!いやぁ、、あふぅ、、。」

彼女は益々身体をくねらせ、もう耐えられないといった感じだ。僕は少し動きを早めた。

彼女:「あ!やっ、あぁぁ!んぅ、いっ!!」

彼女はブルブル震えながら、勢いよく潮を吹いた。しばらく彼女は腰をヒクヒクさせながら、うなだれている。

彼女:「こ、こんなに気持ちいいの初めてです。恥ずかしいけど、すごく嬉しい。」

僕:「まだこれからだよ(笑)」

だが、次はあまり自慢できない愚息の出番だ。ここでがっかりならないように、僕は愛撫をたっぷりしてあげているのだ。

僕:「じゃあ、挿れるよ。」

彼女:「う、うん。」

大量の潮をふいた彼女のアソコは、すんなりと僕の愚息を受け入れたが、肝心の中はさっきの余韻が残っているのか、僕の愚息をギュッギュッと締め付けて来る。

僕:「す、すごいきついね。まとわりつきが堪らなく気持ちいいよ!」

彼女:「私も、さっきよりずっといい、、あぁん、やばい、、」

これは相当な名器であろう。どんどん僕の愚息は彼女の中に引きずり込まれるような感覚。

ただ単純な出し入れをしてるだけだが、中で捻られたり、掴まれたりといった感覚が僕の愚息を刺激する。

僕:「あ!俺、も、もうヤバイかも!」

彼女:「いいよ!な、中にください!」

僕:「え!?ダメだよ!」

彼女:「き、今日、あっ!ふぅうん、、だ、大丈夫なん、、で、お願い、、します!あぁ、ん!気持ち、、いぃ。」

こんな会話してる間も、お互いに腰を振り続けている。止まらないんです!気持ちよすぎて、コントロールが出来ない。

僕:「い、いいの!?ほんとにいいの!」

彼女:「は、はい!・・・いっぱ、いくださ、、い!やっ、あ、あぁぁ!」

彼女もまたイキそうだ。僕もそろそろ限界。

僕:「くっ!い、いくよ!」

彼女:「ふっ、ううん、、あっ、私も!」

はぁ、はぁ、はぁっ・・・
・・・最高だった。こんな満足感なかったなぁ。

僕:「気持ちよすぎて、早く逝っちゃった、ごめんね。」

彼女:「そんな、私ももう何回イッたか覚えてません。」

彼女も満足してくれたようだ、良かった。

彼女:「あ、あのぉ、また私と会ってくれますか?」

僕:「もちろんだよ!今度は僕が会いに行くよ!」

僕らは次に会う約束もして、そのままだきしめあいながら、眠りについた。

ギャップ萌えの彼女とセフレになれた出会い系はこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!