僕は26歳。彼女と別れて悶々とした日々を送っていました。

「もうナンパする歳でもないしな…」なにかいい出会いがないか毎日思案をしていました。

しかし、なかなか出会う方法がなく半ば諦めモードでした。ある日仕事が休みの日に出会い系サイトをサーフィンしていました。

ロングヘアーの巨乳女子大生

その中の出会い系サイトを見て、ある女性の伝言板に思わず目が留まりました。

「私は大学生ですが、彼氏と別れてとても寂しいです。誰か一緒に飲みませんか。」

「えっ?大学生?超ラッキー、俺と同じ境遇なので気が合うかもしれない…」大学生でも暇している女性がいるんだ。

すぐに彼女にメールを送信しました。最初2通ほど送りましたが、返事がなかなか来ません。携帯を覗いてもメールが届いていないので少しイライラしていました。

「なんだ。ひやかしか…」

最後だと思って再びその子にメールを送りました。すると1時間ほどしてメールの返信が来ました。

「諦めずに待っていて良かった。」僕は天にも昇る気持ちで喜びました。

彼女からのメール内容は、

「友人とトラブってしまい返事が遅くなりました。ごめんなさいね。明日にでも飲みに行きませんか?」

「なんでも話を聞くよ」

そして、会う約束をしました。

そしてあくる日になり、一足早く待ち合わせのバーに行きました。

5分位遅れて彼女が到着。大学生の若い彼女は、ロングヘアーの似合う超カワイイ子でした。

「ラッキー!」掲示板の中からこの子を選んで本当に良かったと思いました。

その子は見た目も凄くカワイイけど、僕好みの巨乳でした。

お酒が入ると、互いにテンションが高くなり、彼女もトローンとしたいやらしい目つきに変貌していました。胸元が空いた服を着ていましたが、チラチラと見えるバストに釘付けでした。

また、嬉しいことにすごく好き者らしく、エッチな会話も全然平気です。酒のせいでしょうか。しばらくして彼女の方からホテルに誘いました。

カワイイ顔をしてドスケベな彼女

カワイイ顔をしてドスケベな彼女は、とても大胆でホテルの部屋に入るや否や僕の唇に舌を絡めてきました。

ジュルジュルと音を立てながらのディープキス。ねっとりとした唾液が口の中にまとわりつきます。

僕の股間もギンギンに硬くなり、もう彼女を押し倒したい…そう思った時、彼女はズボンのチャックをあけてアソコをむさぼりつくように吸いました。

「チュパッ!」「ジュポッ!」もうすぐにイキそうになりましたが、このままイクのは勿体ないので、体から彼女を離し、今度は自分が彼女を責めました。

「あん!だめっ。そこ感じるのぉ!」

ぐしょ濡れになった彼女のお〇んこ。もう完全に開花して受け入れ態勢万全でした。

僕もすかさず床に彼女を押し倒しそのまま挿入してものの5分で1回目が終了。しばらくやっていなかったので濃いザーメンが床に飛び散っていました。

その後彼女はバンバン馬乗りで上に乗り、くだけるように腰を振りまくっていました。

「いくよ!」「もう我慢できないよ!」そう叫ぶが、彼女はじらしてなかなかイカせてくれません。

今度は自分の方がバックの体制で激しく突きました。細身の彼女でしたが、胸ばかりが異常に大きくブランブラン横に大きく揺れました。

彼女の胸をわしずかみにし、強く揉むと彼女は「ああーーんもうイクう!イっちゃうよぉーー」

甘ったるい声を出し激しく果てました。「ヒクッヒクッ」激しい痙攣です。彼女のお〇んこがきゅーーっと締まりました。そして同時に自分もフィニッシュ。

とにかく激しいセックスを久しぶりに堪能できたので大満足でした。

その日は5回朝までやりまくりました。二人とももう死んだかのように疲れていました。

今回は、出会い系のメールでカワイイ大学生の彼女と知り合うことができたので本当にハッピーでした。

彼女は最高の感度の持ち主で締まりも抜群。最高です!今、セフレとして付き合っていますが本気になりそうで怖いです。

俺がロングヘアー現役美人JDとセフレになれたのこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!