僕は埼玉県在住の30代、会社員です。

以前、出会い系サイトのハッピーメールを利用し、既婚の女性とラブホテルまで行ったのですが、その時に、人妻と濃厚な時間を過ごせたため、またその女性を誘ってみたのですが彼女の反応はありませんでした。

また彼女も浮気という性質上、あまりこちらからしつこく連絡を入れるわけにも行かなかったので、新たな女性と遊びたいと思い、再びハッピーメールのポイントをチャージ。

その後、掲示板に不倫・浮気相手を探している女性募集、まずはお話から始めませんか、と言う投稿をしました。

ちなみに、ハッピーメールはポイント制なので、メッセージで話をすればするほど男性はポイントが消費されていきます。

しかし、女性と出会うためには、お互いの事を知ったうえでその先の展開にも繋がるので、メッセージのやり取りなど、ある程度のポイント消費は必須なのです。

このやり方では、ポイント目的のキャッシュバッカーの思う壺になると思われますが、ハッピーメールではポイントが換金できないので、そもそもキャッシュバッカーへの恩恵はほとんどないのです。

可愛らしい感じの34才人妻

そんな中、2人の女性からメッセージが届き、それぞれの女性のプロフィールを確認。

そのうち、プロフィールがしっかりと書き込まれている、同県在住の34歳の女性に、メッセージをくれたお礼と共通の趣味であるゲームについて、どんなゲームが好きなのかというメッセージを送信しました。

すると、彼女はパズルゲームが好きだということで、そこから話を膨らませていきました。

その後、彼女との会話がある程度盛り上がったので、普段ゲーム以外は何をしているのかという質問を皮切りに、彼女は結婚して数年経つが、毎日がつまらないといったような話題になりました。

また、子供もおらず、旦那さんともここ2年以上どこにも遊びに行っていないなど、彼女の不満は引き出せるだけ引き出しました。

彼女の不満をひととおり聞いた僕は本題に入り、そんなに普段つまらないのなら、食事かカラオケにでも行ってストレスを発散させようと切り出しました。

すると彼女は、カラオケは苦手だから、食事をしてゆっくりしたいと言ってきたのです。そして、お互いのフリーメールのアドレスを交換し、そこでデートの調整をしました。

この時、僕には休日出勤の振休があり、その休みを平日に持ってくることが可能だったため、彼女と水曜日の10時に大宮駅西口で待合わせ。

彼女の住んでいる所は大宮から少し遠いものの、彼女が僕と一緒にいるのを彼女の地元の人に見られないようにするためでした。

そしてデート当日、約束の時間に待ち合わせ場所に到着した僕は、彼女にメールをすると、彼女ももうすぐ到着するとのことで、僕の服装と僕のいる場所近くの看板を彼女に伝えました。

すると、少しして一人の女性が僕に声をかけてきたのです。

第一印象は、茶色いストレートのロングポニーテールにスリムな体型の可愛らしい感じの女性で、本当に旦那さんとご無沙汰なのかと思ってしまうほどでした。

ちなみに服装は、上下紺色のジャケットと細身のジーンズに白のインナーというシンプルな着こなしでした。

その後、彼女と挨拶を交わした僕は、二人で駅近くのカフェに移動し軽食を取りました。そこでは、何気ない会話や彼女の普段の不満などを聞きつつ、食事。

そして、この後どうするかという話になったので、僕はラブホテルに行って二人きりでゆっくりゲームでもしようかと話すと、彼女は笑いながら、ゲームする気なんてないでしょ、と言いながらもラブホテル行きが決定。

カフェを出た僕たちは、手を繋ぎラブホテルに向かいました。

ご無沙汰の人妻と濃厚セックス

僕「今日、16時くらいにホテルを出ればだいじょぶ?」
彼女「んー、17時とかでも大丈夫だよ。」
僕「そんな遅くていいの?」
彼女「うん、今日は帰りが遅いし、ご飯も冷凍ものだから準備もほとんどないよ。」

帰りが遅いのは、たぶん旦那さんの事だろう、などと思いつつホテルのフロントで時間いっぱいまで部屋を利用する事にして入室。

部屋に入って、彼女のジャケットをハンガーにかけた後、二人でベッドに腰掛けると、彼女は僕の腕に肩を寄せてきました。

僕「ん、お風呂入らなくていいの?」
彼女「このままでいいよ。」

その言葉に誘われるように、僕も彼女の肩を抱きそっとキスをしました。そして徐々に彼女と向き合うような体勢になり、彼女の頭部に手を回し、そのキスが激しくなっていきました。

彼女「ん、、、うん、、、」

すると、彼女は僕の唇を舐め、口に舌を入れてきたので僕も舌を出しお互いの舌を絡ませ合いました。

彼女「う、、、ん、、、んふ、、、っはぁ、、、」

僕はそっと彼女の胸に手をあてがい、キスを続けながら胸全体を撫でるように愛撫。

彼女「んん、、、ん、、、」

そして、いったん離れ彼女のインナーを脱がせ、ブラも取りました。

彼女「そっちも。」
僕「うん。」

そう言うと僕もシャツを脱ぎ、彼女をベッドに寝かせました。

彼女「ぅうん、、、ん!、、、っぁん、、、」

僕は仰向けに寝ている彼女の右胸を揉み、乳首を軽く指で刺激しながら、左胸に吸い付き、舌で彼女の乳首をゆっくりと味わいました。

彼女「あん!、、、んん、、、はぁはぁ、、、ん!」
僕「腰、少し持ち上げて。」

僕は彼女のベルトを緩め、ジーンズとパンティをおろし、僕も全裸になりました。
そして、彼女のマン筋に指をあてがい、ゆっくりと指をクリトリスからアナルにかけて往復させました。

彼女「んん!、、、はぁはぁ、、あ、、、いぃ、、、ん!!」

彼女のマンコも徐々に湿ってきたので、僕は中指を彼女のマンコにゆっくりと入れていきました。

彼女「う!、、、ん!!っはん!!んん!!」

ぐちゅぐちゅというやらしい音とともに、彼女の喘ぎ声が漏れてきます。

彼女「はぁはぁ、、、あたしも、してあげる。」

そう言うと彼女は起き上がり、僕を仰向けに寝かせ、乳首を舐めた後に僕のチンコを咥え始めました。

彼女「ん、、、ん、、、ん」
僕「おしり、こっち向けて。」
彼女「うん。」

僕のチンコを咥えながら、彼女は下半身を僕の顔の方に向け、僕は彼女のマンコに吸い付き、激しく舐めてのシックスナイン。

彼女「ん!、、、ん!、、、んー!っはぁ、、、はぁ、、、もう、入れるね。」
僕「え、ゴムは?」
彼女「大丈夫。」

そう言うと彼女は僕に跨り、騎乗位でゆっくりと僕のチンコを自分の中に入れていきました。

彼女「んんー!、、、はぁはぁ、、、ん!ん!うん!、、、あん!ああん!」

僕の上に乗った彼女は、激しく腰を上下前後に動かしはじめました。

僕「ん!、、、イキそう!」
彼女「ん!ん!、、、いいよ!、、、ん!ん!あんあん!、、、っあー!」

そして僕は彼女を抱き寄せ、彼女の中に精子を発射。
僕のチンコを引き抜いた彼女のマンコからは、ドロドロと精子が流れ出してきました。

僕「はぁはぁ、、、ふぅ、、、中で出して良かったの?」
彼女「はぁ、、はぁ、、、だいじょぶ、アフピルあるから。」
僕「市販してるっけ?」
彼女「通販、、、ねぇ、まだ、できるでしょ?」
僕「あぁ、うん。」

精子をティッシュで拭き取った後、ベットに横になり二人で抱き合いキスをしたりお互いの体に触れたりしていましたが、彼女は僕の乳首を舐めながらチンコを握ってきたので、再び僕も元気になりました。

そして、彼女の両胸に吸い付きながら、彼女のマンコとクリトリスを刺激。

彼女「ん!んあ!、、、はぁはぁ、、、ん!」

今度は正常位で彼女に挿入し、僕は激しく腰を振りました。

彼女「あんあんあんあん!!、、、ん!ん!んぁ!ああん!、、、んんー!」

彼女が両足で僕の腰を締め付けてきたので、僕も彼女を抱きしめ再び彼女の中に射精。チンコをゆっくりと引き抜いた僕はさらに彼女のマンコに指を挿入し、前面のGスポットを刺激。

彼女「え!?、、、ん!、、ちょっと!、、、っん!うん!ん!、、、っあー!」

彼女のマンコからは大量の汁が噴射されました。

彼女「はぁはぁ、、、ちょっと、、、やりすぎぃ、、、はぁはぁ、、、」

そんな彼女の表情は気持ちよさそうな笑顔だったので、僕はキスをしたのでした。

そして、二人でお風呂に入り汗と汚れを洗い流した後に、部屋に戻り、彼女とイチャイチャしながら過ごし、17時ちょっと前にホテルを出た僕たちは、駅で別れて帰宅をしました。

やはり、ご無沙汰の人妻とのセックスは非常に濃厚で気持ちが良かったです。

その後も、僕のフリーメールに彼女から連絡が来たので、お互い時間のある時に、再度ラブホテルに行きました。

私が人妻をゲットしたのはハッピーメール。人妻とヤリたいなら今すぐ無料登録!!